• "<b>明 治 山</b>"
  • "<b>明 治 山</b>"

☆はじめに  /  Prologue

浦添市にあるスポーツショップのツアー案内に「明治山日帰りコース」があった。一度も耳にしたことがない山名だったので、ネットで検索したが、登山では記録が見当たらない。地理院地図にも、その山名では掲載がなかったが、道路地図を見たら、県道71号線沿いに同名のバス停があった(現在は廃止?)ので、その近くを探したら名護市と宜野座村の境界に284.3メートルのピークがあった。おそらく、ここだろうと見当はついたが、登山口の場所も登山道も分からないので、このツアーに申し込みをした。なお、背景は水浅葱(みずあさぎ)の沖縄草木染め。

《お願い》Topの画像が見られないときは、JavaScriptを有効にしてください。


☆データ  / Date

登山日 : 平成27年4月5日(上の写真は、明治山全景と登山道)
山 名 : 明治山
読 み : めいじやま
標 高 : 284.3m
地形図 : 名護南部


☆登山口へのアクセス  /  Access

1.沖縄自動車道、許田IC料金ゲートを出る。そのまま直進すると道の駅「許田」に行ってしまうので、途中、「万国津梁館」の道標に従い左折する。国道58号線に出るので右折する。
2.宜野座村への道標のある信号(新許田橋手前)で右折し、県道71号線に入る。
3.平安寺の前を通り、高速道路の下をくぐり、左にゲート(下の写真)を見ると、そのすぐ先、右側に路肩が広くなっているところがある。そこが登山口。表示は何もない。
4.ここは道路と路肩の間に段差がある。宜野座村と名護市の境界を示す道標を過ぎた右側に空き地(下の写真)がある。私の土地ではないので、そこに車を置いてもいいとは申し上げられない。置く場合は自己責任で。実際に歩いていないので目分量だが、ここから登山口までは10分くらいか?。


☆コース  /  Course time

登山口---(50)---頂上---(40)---登山口

端数は5分単位で切り上げ。頂上での滞在時間は含まないが、休憩時間は含む。ツアーなので渋滞して立ち止まることが多いが、普通に歩けば頂上まで30分ほどか。

☆記 録 / Report

このツアーの主催者・ネオスさんのスタッフが下見で来て登山口を探したが、道標などは全くないので探すのに苦労をされたそうだ。個人で来ても、知っている人と同行しないと見つけるのは難しいかも。また、我々は貸切バスで来たので、登山口の前で下ろしてもらったが、マイカーで来ると駐車場所を探すのにも苦労するだろう。そういうマイナーな山である。明治山のいわれは、私がNET検索しても分からなかったが、今回のツアーに参加された神田香代子さんが、名護市のHPに「明治山にクスノキ存す」という文章が紹介されているとの情報を知らせていただいた。

◎名護市のHPより
「明治山は、明治天皇を記念して呼ばれています。大正2年度から大正9年度まで、「明治慈恵資金管理規則」によって造林事業が行われました。造林事業事務所などを建設したり、森林遵守を駐在させて取り締まっていましたので、当時としては大きな事業であったのでしょう。天然林を扱う施業は、伐木のひこばえを育てていく萌芽更新、人工造林は山地に種子をまいて木を育てていく人工下種更新、苗を植えて育てていく植栽造林を行っています。
 長堂橋から眺めると、天然のイタジイの他に、葉の色の異なる木を見ることができるでしょう。その色は、春の芽吹きの時に一層はっきりします。峰の天然林は防風保湿帯として制限し、人工林は谷間にクスノキ、その上部斜面にリュウキュウマツ、一部にスギ、イジュ、ソウシジュ、モクマオウを造林したとされます。クスノキは植栽、マツは人工下種である。葉の色の違いはこれによるもので、後から自然に入ってきたものが色を添えています。クスノキは今から250年以上も前に我が県に入り、山原の奥山でも時々見ることがあります。クスノキは家屋の梁材などによいので、昔から重要な造林木として植栽されてきました(2013年12月2日)。」

登山道に入ると、いきなり急登が始まる。潅木や琉球竹の登山道は、途中、頂上手前の小ピークと途中1ヶ所だけ開けたところ以外、展望はない。この日は、曇天だったので頂上も見ることが出来なかった。同じような景色の道をアップダウンすると山頂に到達する。途中に分岐もない一本道なので、迷うようなところはないだろう。頂上には三角点も山名板も見当たらないが、沖縄の山の頂上としては広い。今回はスタッフを含め27名だが、全員、座って食事をすることができた。

《ご注意》この山の南から西にかけての一帯は、県内最大規模の米軍による実弾射撃演習が実施されており、過去には流れ弾などによる被弾事故も起きている。金武町と恩納村を結ぶ県道104号線をはさんで実弾射撃が行われていたことでも知られている。また、平成25年8月には、すぐ近くの山中でキャンプハンセンのヘリの墜落事故もあった。
なお、この山のことを『古知屋岳』と呼んでいるという人がいたので調べてみたら、宜野座村の地域防災計画に「市境界の”古知屋岳”284メートル---」の表記があった。宜野座村と名護市や恩納村との境界にあるのは、ほかには、ガラマン岳253メートルと漢那岳238メートルしか見当たらない。高さも一致している。



名護市から宜野座村に入った右側に空き地がある 左にこのゲートが見えたら、そのすぐ右側に登山口がある
ここが登山口。表示は何もない こんな道で始まる
ずっと、こんな道が続く 途中の小ピーク、この日は曇天で展望なし。写真は帰路、撮影
頂上直下の道。倒木の向こうが頂上 到着直後の頂上(ツアー登山のため、参加者の方にHP掲載の許可を得ていないので、顔にはボカシを入れさせていただいた)


コース地図へ

コース地図は国土地理院の電子国土Webにより作成したもので、コースの赤線はイメージです。



=明治山で出会った虫=


ツアーに参加された神田さん撮影。右は「オキナワルリチラシ」と言うそうです。


明治山を下山後、名護市数久田にある「轟(とどろき)の滝」に向かった。滝の子幼稚園の前でバスを下り、歩くこと15分。久志岳と辺野古岳の間を流れる川を水源とする高さ約28mの滝が見えるはずだった。主催者のスタッフから、「いつもは”とどろき”ですが、このところ雨が少ないので、今日は”おどろき”の滝です(笑)」と教えてくれたとおり、下の写真(左)のような、まるでソーメンのような細い滝だった。上の写真を撮影した神田さんから、昨年10月にここを訪れたときに撮影した「いつもの轟の滝」の写真を送っていただいたので、ご紹介する(下の写真:右)。感謝。




▲このページのトップへ


◎お願い
この日記は、登った日、当時の個人的な記録です。リスクは自己責任でお願いします。